1. HOME
  2. ブログ
  3. 働き方
  4. より質の高い仕事をするために何が大事か?

BLOG

ブログ

働き方

より質の高い仕事をするために何が大事か?

株式会社グロッジの森です。今日はグロッジのみんなに向けて書きます。

グロッジはひとりひとりに活躍する場所を作りたいと考えていて、なので、やりたい人にはどんどん仕事を作るし、予算を出して明確なリターンも明示しています。

これは僕たちの業種がちょっと特殊だからということもありますが、僕は一人一人が経営者目線をもって仕事してほしいと思ってます。

経営者目線とはなにか?

定義は人それぞれですが、僕が考えるに、利益と経費をシビアに見ること、責任をもって結果にコミットすること。まずはこの2つです。

たとえば紙を1枚印刷するにしてもコストがかかります。白黒で印刷したら10円だけど、カラー印刷したらその何倍ものコストがかかります。

オフィスの電気代やガス代もそうです。もちろん暑い・寒いを我慢して、光熱費をケチろうという話ではありません。

快適に仕事して、ハイパフォーマンスを発揮してもらう方が僕としても当然うれしいですが、そこに対して当事者意識を持とうという話です。

特に売上に対してはひとりひとりが明確なゴールとプロセスを理解しておく必要があります。当然、どの企業も売上をあげるために色んなことを考えて実践しています。

でも、多くの企業が一時的な対処しかしていません。ちょっと肩が凝ったから整体行くか、みたいな。

大事なことは本質

たしかにその時は痛みが和らいで気持ちいいかもしれない。でも根本的な解決にはなってないですよね。

それではまた同じような壁にあたって苦労します。僕は会社を経営している中で、こうした問題はリーダーの責任だと思っています。

もっと大事なことがあります。体の調子が悪いのであれば、そもそも食事改善が必要かもしれません。歩き方や姿勢が問題かもしれません。

日々、こうした問題と向き合い、どうすれば問題が解決するのか?そもそも何が問題なのか?これらと向き合うのも「当事者意識」があるかどうかです。

当事者意識を持とう

僕たちの業務でいえばマーケティングです。毎日の新規集客数、オプトやリード数、そこからの引き上げなどなど。

感情論ではなく数字ベースでちゃんと落とし込んで、結果にコミットする。これがプロの仕事です。

2月から新しく3名がグロッジに入社して、社員が5名、業務委託やアシスタントを入れると15名ほどの会社になりました。

チーム・グロッジとしてこれからもう1つも2つも次のステージへとステップアップしていくにあたり、あらためて働き方、仕事への向かい方が大事だと僕自身が実感しています。

もちろんビジネスの世界に正解はないので、毎日実験です。うまくいった結果も、うまくいかなかった結果も、すべてその時点での成果報告でしかありません。その現実と向かい合いながら、淡々と取り組んでいきましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事